すべり症専門サイト

すべり症を治す会

このサイトは全国ですべり症に悩む成人や子供を対象に、すべり症に関する正しい知識や治療法、その他様々な情報を配信しているサイトです。

このサイトの目的はすべり症を病院や医師、治療家に頼らず、自分自身の力で改善していくことを目的としています。

また、今までにこのサイトをご利用いただいた1000人以上の方が、自力ですべり症を完治しております。まずは当サイトのページをご覧いただき、すべり症を治すための基礎知識、正しい治療方法を知っていただければと思います。

まずは下記の動画をご覧ください。



すべり症を改善する方法

すべり症とは、骨が完全に形成されていない時期に、生理的な許容度を超えた腰の捻りや反りが与えられることによって、腰椎を支えている「筋肉、靭帯、椎間板」といった組織が柔軟性や耐久性を失っていき、腰椎が徐々に前方に滑りだしてしまう症状を言います。

腰椎はいくつか骨の連なりによってできており、すべり症の発症原因はさまざまにありますが、ほとんどの場合4番目の腰椎に発症します。

すべり症は腰をひねる動作や負荷をかけることの多いスポーツ選手や、運動不足や加齢による衰えで腰の骨を支える筋肉の弱った中高年などに多く見られます。

すべり症は腰痛を伴う症状であるため大人の病と思われがちですが、体が成熟していない小学生や中学生にも多く発症する腰の病でもあります。

特に小学校高学年や中学生の部活では、すべり症に対する専門知識を持たない学校の先生が顧問をしていることが多く、子供の無茶に気付かず激しい運動を続けさせてしまうことがあります。

大人であれば大丈夫な運動でも、まだ身体が発達しきっていない子供には負担が大きく、すべり症を発症してしまうことがあるのです。

また、子供の頃には骨が柔軟で異常が起きていなくても、すべり症が発症しやすい下地が形成されてしまい、大人になってからちょっとしたことがきっかけですべり症を発症するということもあります。

すべり症は、痛みを伴うケースもありますが、急激な痛みを負うケースは少なく、最初の頃は「我慢できる程度の痛み、あるいは違和感程度」というのが特徴です。

そのため、安易に考えてしまう患者さんが多く、このことが問題となっています。「痛みは無いので大丈夫だろう」という考えを持ってしまうと、すべり症を放置してしまうことになり、発見が遅れ、その分治療も遅れてしまいます。

また初期症状で酷い痛みがないこともあり、子供のすべり症の場合、腰痛が大人の病気であるというイメージもあって、一時的な疲労などと思われ、見過ごされてしまうこともあります。

悪いケースですと、そのまま慢性痛へと悪化してしまい、気付かないレベルで徐々に症状が進行していき、取り返しのつかないことになる場合もあります。

こうなると、ずれた腰椎を元に戻すための固定手術をしなくてはならないこともありますので、注意が必要です。

すべり症の治療には早期発見と早期治療がもっとも重要になります。ですので、子供の腰が痛い・腰がおかしいといった訴えを聞き逃さず、早いうちに病院で一度診てもらうことが大切です。

未発達の体はトラブルが起きやすい一方、きちんとした措置さえ行えば早い段階で治すことができます。子供のすべり症は適切なコルセットでの固定と運動禁止を実践すれば、すべっていた骨が癒合して完治できることが多いです。

また子供がすべり症を発症しても全く気づかずにそのまま過ごしてしまい、成人になってから病状が悪化してしまうというケースもあります。

骨が完全に形成された成人になってからすべり症を発症すると、なかなか治らないという事態にもなってしまいますので、長期に渡って腰部に違和感、痛みなどを感じることがあったら、できる限り早急に専門家に診てもらうことが必要です。

すべり症を短期間で治すためには、とにかく早期発見です。初期症状のうちに治療を始めることが出来れば、そのぶんだけすべり症を改善するまでの時間は短くなります。

子どもは骨癒合できる可能性が高いですが、大人になってからの発症の場合、固定しても骨癒合できないことが多いです。

そのような場合に必要となるのは、適切なストレッチと、身体のバランスの矯正です。このふたつをしっかりと行えば、大人でも高い確率ですべり症を改善できます。

なぜこのふたつが大事なのかと言えば、すべり症の原因の代表的なものが、筋力の低下や、激しいスポーツによる骨のずれだからです。つまり、原因を元から解消することで、すべり症の症状を改善していくのです。

ただし症状があまりにもひどい時には無理をせず、痛みが和らぐまで安静にすることを重視してください。あまりに痛みが酷い時にはブロック注射などで一時的に痛みを抑える方法もあります。

痛みが酷い時は炎症が起きている時ですので、無理に運動をすると症状を悪化させてしまうことになりかねません。症状が和らいでいる時が、ストレッチをするのに良い時期です。

ストレッチは筋力の低下と身体のバランスを整えるのを同時に行えるものを実践するのが良いですが、ストレッチにもさまざまなものがあり、自分の身体に合わない運動をするとかえって悪化させてしまうこともあります。

ですからこの方法を取る時には、正しいやり方をきちんと学んだうえで、地道に続けていくことが重要になります。

すべり症に詳しい理学療法士のいる病院やリハビリ施設が近くにあればいいのですが、そうでない場合には書籍やDVD、インターネットなどで知識を得るのが近道です。

ですが書籍やインターネットなどの情報は玉石混合で、必ずしも正しい知識が手に入るとは限りません。しかしこのような中で正しい知識を手に入れるためのコツはあります。

まず、自分でも最低限の知識を持っておくことが重要です。たとえばすべり症では、腰を逸らしたり、腰をひねるような動きは厳禁です。このような動きは神経を余計に圧迫してしまい、痛みやしびれといった症状を悪化させてしまうことになります。

基本的にすべり症でやってはいけない動作を知ったうえで、ストレッチを選ぶようにしてください。それでも複数の書籍やDVDが候補になりますが、信頼できる先生が著者であることを確認してください。

具体的には、現役で治療を行っている人か、現在引退しているとしても自分の手で多くの患者を診てきた実績のある人が執筆したものであることです。

多くの患者を診て、治してきた先生がその長年の経験から得てきた知識を解説されている書籍やDVDであれば、実際の患者さんを治してきた正しいやり方を知ることができます。

当サイトでは「福辻式ストレッチ」をお薦めしています。福辻式ストレッチでは、延べ5万人以上のすべり症患者さんが症状を改善している実績があります。

もし、すべり症の疑いがある、既にすべり症を発症してしまい苦しんでいるという方がいれば、この福辻式ストレッチを一度実践してみることをおすすめします。

このストレッチを考案した福辻先生は30年以上のすべり症の治療実績がある先生ですから、安心して任せられます。

ストレッチのやり方は非常に簡単で、誰にでも分かりやすいようにDVDで解説されています。また、1日5分のストレッチで良いので、運動が苦手な人にも続けやすいです。

この1日5分というのは最低限の時間ですので、体調に余裕があって身体を動かせる方は、もっと長く行っても大丈夫です。

もし、すべり症で悩んでいる方がいましたら、福辻式ストレッチを一度試されることをお薦め致します。きっと、このストレッチ法があなたのすべり症を改善する近道になることは間違いないはずです。

→すべり症を治す 福辻式治療法はこちらから

メニュー

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


お薦め著書一覧



更新情報



Copyright © 2017 すべり症を治す会 All Rights Reserved.