新着情報ページです。

  • TOP
  • »
  • 新着情報

新着情報

すべり症に温泉は効果があるの?

すべり症に温泉は効果があるの? という疑問をよく聞きますがこれは、慢性期であれば有効である、と言えます。この時期には身体を温めることがすべり症の症状を改善させることに繋がるからです。

温泉は身体をよく温め、血行も改善する効果があります。そして腰痛には血流の流れをよくすることが非常に効果が高いと言え、あし。そのため、すべり症に温泉は効果があると言えるのですが、状況次第ではかえって悪化させてしまう場合があります。

それが、すべり症の急性期です。急性期というのは特に痛みの激しい時期を言いますが、この時は患部で炎症が起きているため、この時に温める治療をすると、かえってすべり症が悪化してしまう結果になります。炎症は温めることで悪化してしまうので、この時期は逆に冷やしたり安静にすることが求められるのです。

ぎっくり腰など突然に来る痛みの場合には判断がしやすいですが、すべり症などで徐々に違和感がでて腰痛が強くなってきたという場合には慢性期なのか急性期なのか判断がしにくいです。そういった場合には、病院で医師の診断を受けて確認するようにしてください。

すべり症が慢性期であったのならば、温泉は非常に有効な手段なのでしっかりと浸かって身体を温めると良いです。他にもこの時期であればホットパックを利用したり、軽い運動をして筋肉をほぐすといったことも有効です。

また、温泉を本格的にすべり症の治療に取り入れたいということであれば、専門の療法医のいる病院を探すと良いです。日本ではまだあまりメジャーではありませんが、きちんと研究を行いその知識を広めている学会があります。

この学会の公式サイトでは療法医の紹介もしていますので、ここから自分が通いやすい地域に医師がいるかどうか確認することが出来ます。また、医師にかかるほどではないという方でも、このサイトでは温泉を利用する時の注意点を公開されているので一度確認しておくことをおすすめします。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 すべり症を治す会 All Rights Reserved.