すべり症にエクササイズは必要です。

エクササイズについて


すべり症を改善する方法として、まずは温熱療法や投薬、運動療法というのが良く言われる治療手段です。

ここではその中でも、運動療法についてお伝えします。すべり症を改善することが目的であれば、運動と言っても激しいスポーツは必要ありません。

ストレッチやエクササイズといった軽いものや、目的意識を持った散歩、ウォーキングで十分です。運動療法は毎日コツコツと続けることが重要になるため、やっていて辛くないものを選ぶことがお勧めです。

簡単すぎるエクササイズでは効果が薄いのではと心配になる人もいるかもしれませんが、軽い動作であってもすべり症に充分な効果があるものはたくさんありますし、それを毎日欠かさず続けることの方が大事です。

また、しばらく続けてみてこれは合わないなと思ったら別のものに切り替えるという考え方も必要です。というのも、すべり症という病名は同じであっても、体質や症状の状態、普段の生活習慣などによって、効果があるかどうかは個人差があるからです。

このような運動療法はすぐに効果が出るものではないので、数日やってすべり症の状態が変わらなかったとやめてしまっては意味がありません。目安として最低でも30日以上続けて、すべり症の症状がどう変化したかを診るようにしてください。

最初はリハビリ施設で専門家の指導を受けて習うのが良いですが、それが難しいという方は、当サイトでお薦めしている「福辻式ストレッチ」を実践することがお薦めです。

この福辻式ストレッチは、腰痛の治療歴が30年以上にもなる福辻鋭記先生が考案されたストレッチで、今までに延べ5万人以上の腰痛患者さんがこの方法で腰の痛みや痺れを改善し、すべり症で悩んでいた多くの方もこの方法で症状を改善しています。

この福辻式ストレッチを毎日継続的に続けていけば、あなたのすべり症も改善の方向に向くはずですので、まずは一度実践してみることをお薦め致します。

詳しい内容は下記からご案内しておりますので、一度詳細をご覧になってみてください。きっと、この方法があなたのその辛い腰の痛みや痺れを改善するきっかけになるはずです。

→すべり症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 すべり症を治す会 All Rights Reserved.