すべり症を改善したければ運動療法を進んで実践するべきです。

運動療法について


すべり症には様々な治療方法があります。そのうち、症状が軽~中程度の人に対してよく行われるのが、保存療法というものです。

すべり症は悪化した場合、その症状が起きている箇所を手術で治すという手法が取られますが、ほとんどの場合は身体に傷をつけることのない治療方法が選択されます。

その身体に傷をつけることのないものが、保存療法と呼ばれるものなのです。これには患部を温めたり、痛み止めなどの投薬をしたり、患部に負担がかかりすぎないよう安静にしたりといったものがあります。

また、適度に患部を動かすことで凝り固まった筋肉をほぐし、血流の改善を図っていく運動療法というものもあります。この場合の運動とは激しいスポーツを指すのではなく、軽いストレッチや体操を指します。

すべり症は大きく分けて二種類あり、生活習慣から発症するものと、外からの衝撃で起こるものがあります。外からの衝撃が原因となるすべり症は、ぎっくり腰や急性腰痛とも呼ばれ、発症した直後は激しい痛みを伴う状態なので、まずは安静にすることが大切です。

一方、生活習慣から起こるすべり症は、普段から腰に負担を掛け続け、少しずつ腰椎の位置がずれていったものが、ある日すべり症として現れます。最近ではデスクワークで座りっぱなしの仕事の人が、このような生活習慣から症状を引き起こすことがあります。

このような生活習慣で起こるすべり症には特に、運動が大切になります。発症した後はもちろんですが、普段から身体を動かすことを意識しておけば、きちんと予防をすることもできます。

ポイントは衰えている筋力を腰椎周りにしっかりとつける、運動を普段から取り入れることによって、身体全体の血流改善を図るなどが大事です。

そして、運動療法の良いところは、すべり症の改善策として有効であることはもちろんですが、事前の予防対策としても有効だというところにあります。

このように改善と予防両方に効果があり、自宅で出来る運動療法として、「福辻式ストレッチ」というものがあります。福辻式ストレッチは、今現在もすべり症の治療に携わっている福辻先生が長い年月を治療に携わってきた経験から考案したストレッチです。

すべり症の改善にも予防にも高い効果がありますので、すべり症で悩んでいる方は是非実践することをお薦め致します。

福辻式ストレッチの詳しい内容は、下記よりご覧いただくことができますので、すべり症で悩んでいる方は一度内容をご確認ください。きっと、この福辻式ストレッチがあなたの腰の痛みや痺れを改善していくきっかけになるはずです。

→すべり症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 すべり症を治す会 All Rights Reserved.