すべり症に対してロキソニンの効果についてお話しているページです。

ロキソニンの効果

すべり症の保存療法では、薬療法や理学療法、リハビリなどがあります。また急性期のすべり症でよく処方される薬として、ロキソニンがあります。

この薬は鎮痛作用がとても高く、炎症部位に働きかけて腫れを治め、筋肉の炎症にも働きかけて痛みを和らげます。

また特徴として、副作用が少ないことがあげられます。鎮痛効果が高く、副作用が少なく、例えばよく言われるような薬による胃腸の荒れなども無く使用できます。

病院でこの薬を処方されたら、医師の処方のアドバイスを注意して聞き、痛みをコントロールしていくことが大切です。

ただし薬を使用して痛みが鎮まったとしても、すべり症自体が治るわけではありません。炎症を抑えたらその次には、リハビリが大事になります。

他にはボルタレンという薬もよく使用されます。消炎作用がより強いため、ロキソニンでは病状が変わらない時にもよく使用されますが、胃等の内臓への負担が大きいためあまり推奨されません。

もちろん、副作用が低いといっても、ロキソニンを使用する上での注意点はあります。血圧が高い方をはじめ、他の疾患を持っている方は、むやみに服用すると危険です。

まず医師から処方されたものであれば問題ありませんが、病気の有無についてはしっかり知らせることです。

薬というと副作用が心配になる方が多いですが、やはりどんな薬でも注意は必要です。いくら副作用が少ないものでも多用すると抵抗力が下がり、自然治癒の力も下がってしまう、と考えておくことです。

多用は禁物ですが、痛みやしびれなどの症状はできるだけ早く鎮めなければなりません。薬以外のやり方ですべり症を改善する方法として、福辻式腰痛改善プログラム(DVD)がお勧めです。

すべり症は放置してしまうとどんどん慢性化が進みます。この治療法で早期に症状を改善すれば、リハビリにももちろん早期に取り組むことができるようになり、整形外科や病院に通うだけの治療よりも安いコストで治すことができます。

詳しい内容は下記のボタンからご覧いただくことができます。すべり症で悩んでいる方は一度内容を確認してみてください。きっと、あなたの悩みを解決する第一歩に繋がるはずです。

→すべり症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 すべり症を治す会 All Rights Reserved.