すべり症を改善したければウォーキングに取り組むべきです。

ウォーキングについて


すべり症を改善するお薦めの方法として、ウォーキングがあります。ウォーキングは身体全体を使う運動であるうえに、歩くことで腹筋、背筋、下腿の筋肉を同時に鍛えることができるため、すべり症の方にはとてもお薦めの運動療法です。

また、すべり症の症状が重く、歩くのも辛いという場合にはプールでのウォーキングをするというのも一つの手です。水中ウォーキングというコースを設けているスイミングもありますから、そういったところで一度実践してみることもいいでしょう。

水中では重力による負担が減る分、腰や膝への負担も軽減され、楽に歩くことができます。しかし、重力がかからない分、楽ではありますが筋力強化の面では物足りませんので、普通のウォーキングもしっかりと組み合わせて行っていくことをおすすめします。

注意するのは、すべり症の症状が辛いときには無理はしないということです。このような方法は毎日の積み重ねが大事なので、すべり症を改善させるためには出来る限り毎日行うことが大切です。

しかし無理をして悪化させてしまっては元も子もないので、すべり症の痛みが辛い時には無理せず、少しの時間で終わらせたり、安静にする日を入れたりして、ご自身の身体の体調と相談しながら進めていくようにしてください。

またある程度動けるようになったなら、もっと積極的な運動も検討するようにします。すべり症を改善するには腰椎周りの筋力強化は必要不可欠です。

筋力強化といってもジムなどにいってウエイトトレーニングをするようなものではなく、ストレッチや軽い筋力トレーニング十分です。

ストレッチやトレーニングを行う場合、専門家に直接指導してもらえれば一番良いのですが、担当医がすべり症のリハビリや運動療法に詳しくない場合には具体的なやり方を教えてもらうのが難しいこともあります。

もし近くに運動療法に詳しい担当医や治療家がいないという方は、当サイトでお薦めしている「福辻式ストレッチ」を一度実践してみることをお薦めします。

この福辻式ストレッチは、すべり症の治療歴が30年以上にもなる福辻鋭記先生が考案されたストレッチで、今までに延べ5万人以上の腰痛患者さんがこの方法で腰の痛みや痺れを改善しています。

きっと、あなたのその腰の痛みや痺れもこのストレッチで改善できると思いますので、すべり症で悩んでいる方は、まずは一度詳しい内容を下記からご覧になってみてください。この治療法があなたのすべり症を改善するきっかけになると思います。

→すべり症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 すべり症を治す会 All Rights Reserved.