お薦めサイトページです。

  • TOP
  • »
  • お薦めサイト

お薦めサイト一覧

現在、お薦めしているサイトはございません。

すべり症の痛みが酷く立てないときの対処方法

すべり症には様々な症状があり、軽症のうちであれば軽い腰痛程度や、中にはレントゲンで見る限りは確かにすべり症なのに、症状はまったく出ないという人もいます。

しかし一方で、酷い腰痛や足の痛み、しびれに悩まされる人も多く、重症化すると歩行障害や立てない状態にまでなってしまう人もいます。

また、すべり症が原因で圧迫される神経は尿意に関することを司っている部分もあり、頻尿や尿漏れといった症状が起こることもあります。

初期のうちのすべり症は軽い腰痛程度なので、疲れているだけだとか、少し休めば大丈夫などと考えて放置してしまう人も多いのですが、少し動くだけで腰痛や違和感が現れると言った場合にはすべり症の可能性があります。

立てないような重症になってしまう前に病院に行って診察を受け、すべり症の適切な治療を行うようにしてください。軽いうちであれば、コルセットなどの保存療法を活用し、短時間で完治させることもできます。

立てないほどに重くなってしまった場合には、保存療法で治すにしても時間がかかります。また、保存療法で効果があらわれず、手術を検討しなければならなくなることもあります。

手術は物理的に要因を取り除いて、立てないなどといった状態から回復することができますが、最初にすべり症が起こった原因そのものには触れないため、一時的にすべり症の痛みが取り除かれてもまた再発してしまう可能性が高いです。

もちろん、立てないほど重いと生活に支障が出るので、まずはすべり症の症状を取り除くということも大切です。しかし、さらに重要なのは痛みやしびれが落ち着いたあとです。

痛みがある間にはできなかったリハビリをしっかりと行い、生活習慣を見直すことで再発を防ぐようにしてください。できればリハビリ施設への通院が終わっても、自宅でストレッチを続けることをおすすめします。

専門家に直に指導を受けて必要なストレッチを覚えられれば一番良いのですが、それが難しい場合には、福辻式ストレッチなど、市販されているストレッチメニューを利用すると良いです。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 すべり症を治す会 All Rights Reserved.