すべり症を解消するのに漢方だけでは役不足です。

漢方について

すべり症には様々な治療方法が存在しますが、東洋医学を用いて症状を改善させていく考え方があります。

日本の医学は基本的に西洋医学を中心としているため、その見識に基づいて治療を行うことがほとんどですが、東洋医学の考え方を基にして治療をすることで、十分に治療効果があがることがあります。

実際に東洋医学の治療によって、大幅に病状が改善した人が大勢いるので、西洋医学であまり効果があがらない人は、一度、東洋医学を試してみることにより、治療効果をさらに高めることにつながる可能性があります。

まず東洋医学では、すべり症を腰の一部が原因で痛みを引き起こしていると考えず、血の流れが悪い、つまり血行障害が原因で痛みを引き起こしていると考えています。

この血行障害は、女性の冷え症などにも分類されるもので、冷え、湿気などが身体に悪影響を与えることにより、腰に負担がかかり、炎症を引き起こしていると考えられます。

これが長期化することによって、血流が悪くなり、さらに悪化して最終的にすべり症のような症状を引き起こしていると考えられています。

このような状態になると、患部周辺は酸素や栄養不足になり、さらに病状が悪化するため、それが痛みとなって現れていると考えられています。

主に東洋医学で行われている治療法としては、ホットパックなどにより温熱療法、また針を使う鍼灸、そして、漢方薬を服用する漢方があります。

鍼灸は現在、西洋医学でも取り入れられるようになってきており、痛みを緩和するとともに、全身の血流を良くするなどの働きがみられ、治療効果に大きく貢献すると西洋医学でも認められてきています。

整骨院などでは、鍼灸は昔からよく見られており、保険診療でも行うことが可能です。また漢方では、全身の血流を良くする薬を服用して、患部の痛みを緩和するなどの効果を期待します。

どの治療方法を試してみるかはあなた次第ですが、やはり当サイトでは、東洋医学の代名詞である「福辻式治療法」を一番にお薦めいたします。

その理由は、やはり実績です。今までに延べ50000人以上の腰痛患者さんがこの治療法で腰の痛みを解消していますし、何よりすべり症で悩んでいた多くの患者さんも、この福辻式を実践したことによって、大勢の方が症状を解消しております。

ですので、あなたのすべり症もこの福辻式治療法を実践することにより、腰の痛みや痺れが解消されるはずですので、まずは一度実践してみることをお薦めいたします。

きっとこの福辻式治療法が、あなたのすべり症を改善するきっかけになることは間違いないと思います。

→すべり症を治す 福辻式治療法はこちらから

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


関連ページ4


Copyright © 2017 すべり症を治す会 All Rights Reserved.