すべり症は病院に通院しなくても自宅で治すことが可能です。

病院について


すべり症は腰の痛みから整形外科にかかり、そこで診断されるということが多いです。もちろん、すでにある症状から自分はすべり症なのではないかと不安を抱く人もいますが、まずははっきりと自分の状態を把握するためにも、きちんと病院に行って一度検査を受けましょう。

しかし病院に行ったからと言って、必ずしも良い治療を受けられるとは限らないのが腰痛をはじめとする、はっきりとした原因がわからないとされる病です。すべり症も、この中に入ります。

というのも、現在こういう状態になっていて、そのために症状が出ているという事はわかっても、事故やぎっくり腰など急性の腰痛が原因でない限り、その根本原因というものを特定するのは病院でも非常に難しいのです。

そのため病院では、現在ある痛みを緩和させるための温存療法やブロック注射、これ以上悪化させないための安静を言われることがあります。

しかしこれらの治療法は全て、現状維持、あるいは悪化させないための対処療法でしかなく、すべり症の根本解決にはなりません。

では、すべり症を根本から改善していくにはどうしたら良いのでしょうか。効果が高いものとして言われるのが、ストレッチやリハビリです。対処療法的にすべり症の痛みの原因を排除するのではなく、体を健康なバランスの状態に少しずつ戻していくという方法です。

この方法であれば、痛み止めが切れたからといって、症状が戻ってしまうなどということもなく、効果が出るまでに少し時間はかかりますが、高い確率ですべり症を完全に治すことができるのです。

リハビリに力を入れているところでない限り、このような運動療法については身体を良く動かすように程度の指示しかしてもらえないことも多いですから、自分の症状に合ったストレッチを指導してくれる専門家を探し、実践していくことが必要になります。

そこで当サイトでは、すべり症の専門家として名が高い、福辻鋭記先生が考案されたストレッチ法を紹介していきたいと思います。

現役の先生が、多くの患者を治療してきた経験から考案されたもので、実際にこの方法ですべり症を改善された方も多く、信用度はとても高いストレッチ法です。

詳しい内容は下記からご案内しておりますので、まずはご自信の目で一度確かめてみてください。きっと、このストレッチ法があなたのすべり症を改善するきっかけになるはずです。

→すべり症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 すべり症を治す会 All Rights Reserved.