すべり症を改善するには保存療法だけでは物足りません。

保存療法について

すべり症の症状であってもそれほど悪化していない場合、まずは保存療法によって経過を観察することになります。

近年ではリハビリや生活習慣の改善などで大幅に痛みが改善することも珍しくないので、早期治療を心掛けるようにすることが望ましいと言えます。


保存療法は手術と違い、患者の自主性に任せられているところが多いので、しっかりと生活習慣に取り入れないと、大きく改善が見られないこともあります。

一般的な保存療法として、まずは投薬が行われます。投薬とは薬を服用して患部の炎症を抑える方法です。特に痛みがひどい場合にはブロック注射が使用されることがあります。ブロック注射は患部の炎症を抑え、腰の痛みを瞬時に減らすことを目的としています。

このほか、牽引や低周波治療なども取り入れられることがあります。牽引はストレッチを応用したもので、自分の体重によって引っ張る自重牽引と、ある程度の重りをつけて引っ張る重錐牽引があります。

低周波治療は微弱な電流を体に流すことで、血流改善や筋弛緩を促して治療する方法です。また、生活習慣の改善としては、体重が過度にある肥満状態であると、腰に余計な負担がかかるので、体重が重い人は減量を促されます。

また姿勢の悪い人や猫背気味の人は、出来る限り姿勢を矯正することも大事になってきます。しかし、ここまで色々な保存療法をご紹介していきましたが、保存療法ではすべり症を改善することは難しく、どの治療法も一時的な対処療法に過ぎません。

すべり症を根本から治したいのであれば、当サイトでお薦めしている「福辻式治療法」を実践することです。福辻式治療法を実践すれば、あなたが悩んでいるすべり症も短い期間で改善させることが可能です。

その理由を下記にてご説明していますので、まずは一度福辻式治療法の詳細をご覧になってみてください。詳細をご覧いただければ、すべり症を短期間で解消できる理由が分かるはずです。

→すべり症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 すべり症を治す会 All Rights Reserved.