すべり症の人が手術を受ける際に気を付けて欲しいことについてお伝えしております。

手術について


すべり症は二通りの原因があると主に考えられています。まずは、骨が弱かったり、骨に異常があった場合などの先天性のもの。

そして、成長期である小中学生のときの激しいスポーツ活動によって負荷が発生し、その負荷が許容量を超えたときに骨が疲労骨折をおこし発生する後天性のもの。

この二通りが主にすべり症の原因として考えられています。まず、すべり症の急性期と診断された場合は、コルセットを着用し安静にすることが求められます。

そして、慢性期と診断された場合は、筋トレなどを行うリハビリを主として行なっていきます。その中でも、筋トレは腰をサポートする筋肉を鍛えることを目的としているため、特に重要となります。

これらを適切に行うことで、多くの場合痛みを軽減することができます。しかし、症状が酷い場合などには、手術が行われることもあります。

すべり症の手術は、分離した骨を固定具で固定することで修復を行い、元通りにすることを目的として行われます。

規模の大きい手術となるため、どうしても切開部が大きくなってしまい、結果として術後は長期間のリハビリが必須となります。

しかし多くの場合、実は痛みというのは骨がすべったことが直接の原因ではなく、すべった部分がその付近の神経根を刺激することが原因となって発生します。

そのためすべり症に対しては、大きな規模の手術は必ずしも必要というわけではなく、神経根を刺激している部分を切除し、神経根への刺激を無くしさえすれば、すべり症の痛みは低減することが可能なのです。

その場合、切開部は大きくなることはなく、小さな切開で済ませることができるため、患者さんへの負担も軽くなりますし、リハビリ期間の短縮にもつながります。

しかし、手術を行うのはすべり症患者のうち約2割程度で、かなり痛みが激しい場合に限ります。その場合は、痛みを上手くコントロールする方向で治療を行なっていくことになります。

当サイトではすべり症の手術などをしなくても完治できる治療法をお薦めしております。それが、「福辻式治療法」です。この治療を開発された福辻先生は30年間で延べ50000人以上の患者を完治させたスペシャリストです。

また、体への負担も少なく自分で行うことも可能なので、自宅で治療することもできます。もし、すべり症で悩んでいるのであればぜひ一度、「福辻式治療法」を試されてください。きっとあなたのその辛いすべり症を改善させるきっかけになることは間違いないと思います。

→すべり症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 すべり症を治す会 All Rights Reserved.