すべり症の特徴についてお話しています。

特徴について


すべり症の特徴としてあげられるのが、まずは腰の痛みがあります。また、スポーツをしている若者に多く発症しやすいというのもすべり症の特徴のひとつです。

腰痛というと中高年のイメージが強いかもしれませんが、身体がまだ完成しきっていない若いうちに、ケアが十分でない状態で激しいスポーツをしていると、すべり症になってしまうことがあります。

スポーツをしている人で腰に違和感を覚えたら、早めに一度病院で診察を受けることをお勧めします。

他の具体的な症状としては、長時間の立ち仕事や座り仕事のあとに腰の痛みが強くなるというものがあります。同じ姿勢を長く続けることは身体に大きな負担がかかるためです。

また、体を後ろに反らせると痛みが強くなるのもすべり症の特徴のひとつです。他に、腰だけでなく足のほうに痛みやしびれが出るという特徴もあります。これはすべり症によって骨の位置がずれ、神経を圧迫したり、炎症を起こさせたりしているためです。

このようなすべり症の特徴的な症状を改善するためには、まずは整形外科に行ってしっかりと自分の状態を確認することが大事です。そのうえで、身体に無理をかけない適度な運動と、すべり症の痛みを緩和するための治療を並行して行っていくことです。

というのも、整形外科でよく行われる温熱治療や投薬は、疾患の根本的な原因には触れないため、一時的に改善してもまたすぐに再発してしまうことがあるからです。

一方、運動療法は筋肉の硬直を解すことで痛みを緩和し、筋力のアップを行うことでずれた骨を正しい位置で支える力をつけることができます。

すべり症を根本から治すには、この運動療法をしっかりと行っていかなくてはいけません。痛みが強いときは安静にすることが大事ですが、いつまでも安静を続けていると腰周りの筋力が徐々に落ち、返って状態が悪くなっていきます。

運動療法にも色々とやり方がありますが、当サイトでは「福辻式ストレッチ」をお薦めしております。

今までに延べ5万人以上の腰痛患者さんがこの福辻式ストレッチで腰痛を改善していますし、すべり症で悩んでいた多くの患者さんもこの福辻式ストレッチで症状を改善しています。

もしあなたがすべり症で悩み、1日も早く症状を改善したいと思っているのであれば、この福辻式ストレッチを実践してみてください。きっと、この方法があなたを悩ませている腰の痛みや痺れを改善するきっかけになるはずです。

→すべり症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 すべり症を治す会 All Rights Reserved.