すべり症のメカニズムについて詳しく解説しています。

メカニズムについて

すべり症は小学生から中学性、特に少年に多く発症し、身体がまだ未発達の時に激しいスポーツをやっていた子に多く見られます。

これは骨が完全に形成されていない時期に、生理的範囲を超えた腰の捻りや反る動作をしてしまうことによって、骨が分離し、すべりを起こすことが多いのです。

特に少年野球やサッカーをしている子供に多く発症します。野球はバットを振るときに腰を常に捻りますし、ピッチャーであればボールを投げるときに腰を反ります。また、サッカーでもボールを蹴るとき、へディングなどをするときも激しく腰を反ります。

このような動作を身体がまだ未発達の時期に続けることにより、骨が分離し、すべりを起こしてしまうことが多いのです。

しかし、すべりを発症した人の何%かは痛みもなく、無症状で生涯を送る人もあり、未だに不明な部分も多く、完全にそのメカニズムが解明されていません。

一般成人ですべりを起こす人の場合は、持続的に腰を使うような仕事や、瞬間的に腰を反らすようなことをしたときが多いようです。

また、高齢者の場合のほとんどは加齢によって腰椎を支える筋力が徐々に衰え、経年劣化によって症状を発症する方がほとんどです。

すべり症はずれた骨が神経を圧迫したり、筋肉に負担をかけたりすることで痛みやしびれを起こします。すべり症には2種類あり、1つは加齢、筋肉への負荷の積み重ねなどによって起こる変性すべり症があります。

またもう1つが分離すべり症で、子供の頃にハードなスポーツを続けた結果、骨が分離してしまうタイプがあります。

腰から首までの脊椎は、24個の椎骨とそれぞれの間にある椎間板から成っています。積み木のように積み重なっている骨の一部が正しい位置から滑ってしまった状態になり、腰椎の周囲にある神経を刺激し、神経症状として激痛を起こします。

また主な症状として腰の痛みがあります。慢性のものが多く、腰まわりに鈍い痛みを覚えます。立ち姿勢を続けたり、デスクワークで座り続ける等すると痛みが激化します。

また下肢の症状は神経症状で、脊髄から枝分かれしている神経の神経根に刺激が伝わり、臀部や太股、膝、ふくらはぎなどに痛みやしびれが起こります。

また痛みやしびれは神経を圧迫しない姿勢をとることで緩和させることができます。腰椎が飛び出る方向に曲げると症状は激化しますが、その反対の姿勢を取ることで圧迫が減り、症状が緩和されます。

姿勢を正したり、ストレッチで崩れている身体のバランスを整え、腰椎を補助できるだけの筋力をつけると神経圧迫を取り除くことができますが、しっかりと治療を行い予防に努めないと、ちょっとの拍子でまた再発を起こすことになりがちです。

ストレッチで骨盤や足などの身体のゆがみを改善し、日常的に姿勢を正すように気をつけることが大事です。また運動療法も取り入れて、腰椎を囲んでいる筋肉群もしっかり鍛えることが大事です。

すべり症を治すには崩れている身体のバランスを改善すること、腰椎周りの筋力をしっかり鍛えること、このことがとても大事になってきます。

そして、この2つの治療を同時に行いすべり症を解消していくのが、「福辻式腰痛改善プログラム」です。

1日5分~10分のストレッチだけで、すべり症を解消し、また症状が解消した後の予防対策としてもとても高い効果を発揮するプログラムです。

既にこのプログラムで延べ5万人以上の患者さんがすべり症を解消している実績がありますので、あなたが今悩んでいる症状もこの福辻式腰痛改善プログラムで解消できるはずです。

詳しい内容は下記よりご案内していますので、まずは一度詳細をご覧になってみてください。きっと、この方法があなたを悩ませている腰の痛みや痺れを解消するきっかけになるはずです。

→すべり症を治す 福辻式治療法はこちらから

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


関連ページ5


Copyright © 2017 すべり症を治す会 All Rights Reserved.