すべり症とスポーツとの関係性についてお伝えしております。

スポーツとの関係性について


すべり症は、生まれつき骨が脆い先天性のものや、加齢が原因となって、発症すると思われてきました。

しかし最近では、スポーツによって発症する子供たちが増えているため、そのような考え方は改められるようになり、またスポーツ医学の進歩によって、その原因が明らかになってきています。

スポーツをやっている人でしたらイメージしてもらいやすいかと思いますが、サッカーではシュートを打つとき、野球では投球時やバットを振るとき、バレーではスパイクを打つときなど、スポーツでは意外と多くの場面で腰に負担をかけています。

各スポーツのプロ選手であれば、トレーナーと相談したりしながら、腰への負担を意識的に減らしたり、体調に合わせてセーブしながら活動することが可能です。

しかし、小中学生であれば話は違ってきます。常に専門家のアドバイスを聞くことのできる小中学生はそうはいません。

そのため、多少の傷みなら我慢してしまう子供が非常に多く、すべり症の初期段階で気づくことなく、かなり症状が進んだ状態になって、病状が発見される子供がほどんどです。

スポーツが原因で起こるすべり症は、骨の形成が完全に完了していない成長期である小中学生のときに特に起こりやすく、骨が完全に形成される前に負荷の許容範囲を超えてしまうと、すべり症を発症する可能性はどんどん高まります。

そのため、すべり症患者の中でスポーツが原因となって発症しているのは、ここ最近では子供の占める割合が非常に高くなってきています。これを防ぐには、やはり大人が常に子供の状態に目を配り、少しの異変も見逃さないようにすることです。

すべり症は、最初のうちは軽い腰の痛みや鈍痛程度です。ですので、ただの腰痛や疲労と考えてしまい、ほとんど気づかれることはありません。

そして、そのまま放置してしまうことにより、症状がどんどん悪化し、気がついたときにはかなりの症状となっていて、最悪歩行困難や神経圧迫による排泄障害などを引き起こしてしまうのです。

このような状態にならないためにも、すべり症を改善、予防するには早期発見が一番大事になってきます。腰の異変を少しでも感じたり、お子様が腰の痛みを訴えてきたときは、できるだけ早く診察を受けさせることが大事です。

もしあなたやあなたのお子様がすべり症になってしまい、腰の痛みや痺れに悩んでいるのでしたら、当サイトでお薦めしている「福辻式治療法」をまずは一度実践してみてください。

この福辻式治療法では、今までに延べ50000人以上の腰痛患者さんが短期間で腰の痛みや痺れを改善していますし、すべり症で悩んでいた多くの方も、この治療法を実践したことによって症状を改善しています。

福辻式治療法の詳細は下記よりご覧いただけますので、まずは一度詳しい内容をご覧になってみてください。きっとこの治療法が、あなたのその辛い腰の痛みや痺れを改善するきっかけになるはずです。

→すべり症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 すべり症を治す会 All Rights Reserved.