すべり症は歩行困難になることがあります。

歩行困難時の対処法

すべり症では、よく鈍いような腰の痛みが起こります。また症状が進行すると、歩行障害を起こすことも多く、他には下肢にしびれが起こったり、間欠性跛行と呼ばれる障害も起こります。

すべり症は、ズレた骨が馬尾や神経根などを圧迫するのですが、神経根が圧迫されると下肢に症状が現れます。

またすべり症にもいくつか種類があり、1つは変性すべり症で、歩行障害を起こしやすいタイプです。もう1つは分離すべり症で、腰の痛みが主な症状ですが、下肢の痛みが起こることも多く、歩行障害、排尿障害など、重症になると起こることがあります。

またすべり症は腰部脊柱管狭窄症に発展するケースが非常に多く、間欠性跛行が起こっている場合、レントゲン検査やMRI検査で診断をします。

軽度の場合は薬物投与、理学療法、リハビリ、ブロック注射などの保存療法が主体になりますが、神経圧迫が強い場合は神経除圧術や固定術などの外科手術をする場合があります。

すべり症の方で痛みが徐々に悪化している場合や、歩行障害、排尿障害、下肢にも症状がある場合は、手術を検討することも視野に入れなくてはならなくなる場合があります。

500メートル程歩くと腰の痛みや足のしびれで歩けなくなり、少し休めばまた同じ程度歩ける、という場合は間欠性跛行が起こっています。

またすべり症ではふくらはぎや臀部などに激烈な痛みが起こることがよくありますので、日常生活に大きな支障が出ます。歩行困難になると仕事にも影響が出ます。また手術を受ける場合、骨を元に戻す手術ですので復帰までにはかなりの時間を要します。

しかし、当サイトでご紹介している「福辻式治療法」は、手術を検討していた多くの方、歩行困難で車椅子生活をしていた重症な方も、回復した事例がたくさんあります。

また、延べ5万人以上の方がこの治療法で症状を改善し、何の問題も無く仕事や家事をこなすことができています。また、病院や整体、鍼灸などでもなかなか治らなかった腰の痛みや下肢痛が改善されたと、多くの喜びの声が上がっています。

きっと、あなたのその辛い腰の痛みや足のしびれも福辻式治療法で回復できると思いますので、まずは一度下記より詳細を確認してみてください。あなたのその辛いすべり症はこの福辻式治療法で改善できるはずです。

→すべり症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 すべり症を治す会 All Rights Reserved.