サイトマップページです。

  • TOP
  • »
  • サイトマップ

サイトマップです


すべり症から発展する病気について

実はすべり症はただ発症しただけではそれほど強い痛みを出さないことが多くあります。というのもすべり症の痛みは他の病気の症状と言っても過言ではなく、場合によってはすべり症になってもその病気に発展さえしなければ普段となんら変わらない生活を送ることも十分に可能です。

果たしてすべり症から発展し、激しい痛みをもたらす病気とはいったいどんな病気なのでしょうか。すべり症に発症すると脊椎を構成する椎骨の一部がじわじわと前方にずれ込んでいきます。

ずれ込んだ骨は少しずつ脊椎の中心部にある脊柱管も圧迫し始め最終的には脊柱管は思い切り潰された状態になってしまいます。この脊柱管が圧迫された状態を「脊柱管狭窄症」といい、これこそがすべり症から発展して激しい痛みを発する病気なのです。

脊柱管狭窄症になると神経の圧迫によって激しい痛みを感じるようになるのに加え、圧迫された神経に繋がっている手足が少しずつ痺れるようになり、症状が進行するたびに痺れる範囲が広がっていきます。脊柱管狭窄症の症状の一つである手足の痺れは進行するにつれて範囲がどんどん広がっていきます。

初めの内は指先や足先程度で済んだものが肘や膝から下までがしびれるようになり、最終的には手足をまともに動かすことすら出来なくなるのに加えて排泄器官や自律神経にまで障害が表れ、治療しても後遺症が残るまで症状が悪化することもあります。

そうなると治療は非常に困難になるので、このような状態にならないためにも出来るだけ早く治療を始めるように体調管理をしっかりと行なう必要があります。すべり症の症状は体調管理さえしっかりしていればそもそも現れることすらありません。

すべり症のきっかけとなる頚椎や腰椎の負荷を姿勢を正すことで軽減したり、負荷を分散させるための筋力トレーニングを行うなど予め準備しておけば、仮にすべり症になったとしてもそれに気付かずに過ごすことも可能です。

まだすべり症になっていないという方は、すべり症にならないためにも体調管理に気を配るようにし、健康な身体をキープするように努力してみてください。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 すべり症を治す会 All Rights Reserved.