すべり症を完治させたい方はこちらのページをご覧ください。

完治について

すべり症は完治させることは可能なのか。これに対しては、完治は十分に可能だと言えます。

すべり症というのは、腰部において、腰椎の後ろ側にある椎弓部が分離して、前方向に滑りだしてしまう症状を言います。

そのことから、完治は「分離した骨が再び癒合する」ことと定義されます。すべり症の前段階である腰椎分離症には、「初期」、「進行期」、「終末期」の3つの進行度合いがあります。

この進行度合いによって、分離した骨が癒合する確率が決まってきます。そのため、発症してからどのくらい経っているのか、ということが完治できるか非常に重要になってくるのです。

進行度合いが「初期」であったなら、約80パーセントの確率で骨癒合され完治できると言われています。また、その次の段階、「進行期」であっても、「初期」ほどとはいかないものの、約70パーセントの骨癒合率が見込めるとのことです。

これらに共通して言えることは、比較的、「早期発見がなされたケース」であるということです。早く発見されれば、それだけ完治させられる確率が高まるということです。

ところが、発見が遅れた場合は、完治させることが難しくなり、「終末期」となってしまうことが多くなります。そうなった場合、骨癒合率は減少してしまいます。

最悪、全く癒合しないというケースも存在します。そうなった場合には、残念ながら骨癒合は期待できなくなってしまうため、骨癒合を目指した治療ではなく、痛みをコントロールすることを目的としていきます。

最初は痛みが治まるまでコルセットを着用しながら安静にしていることになります。そして、痛みが治まってきたら、少しずつ骨を支えるための筋肉を鍛えるために筋トレを行っていき痛みをコントロールしていくことになります。

もし、あなたがすべり症で悩んでいるのであれば当サイトでお薦めしている「福辻式治療法」を実践されてみてください。こちらの治療法では延べ50000人以上のすべり症患者さんが症状を完治されております。

すべり症がなかなか治らないと悩んでいる方は、福辻式治療法を実践すれば、その辛い症状が改善される第一歩に繋がるはずです。今すぐに、福辻先生の公式ホームページを一度ご覧いただきその辛い痛みを解消して頂ければと思います。

→すべり症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 すべり症を治す会 All Rights Reserved.