すべり症に対するコルセットの正しい使い方をお伝えしております。

コルセットの選び方

すべり症の治療に欠かせないのが、コルセットを使った装具療法です。

コルセットの役目は、腰椎を筋力の代わりに補助し、腰の痛みを和らげる働きをしてくれます。

腰痛専用のコルセットは、腰全体を包み込むように装着するようにできています。

そうすることによって、腹圧が上昇し、また腹壁が固まった状態となり、腰の周りの筋肉に力のこもっている状態を作り腰を支えます。

また、すべり症に対するコルセットの使用方法としては、背中側からあてがうように装着し、腰椎を下方から上方へと支え、持ちあげるように装着します。

このように腰をしっかりと支えることで、腰椎により脊髄を圧迫している状態を緩和し、脊髄への負担を減らすことができるので、腰の痛みを和らげることが出来るようになります。

コルセットには軟性のものと硬性のものがあり、一般的に多く用いられているのは軟性のコルセットです。こちらは弾力性のある素材で作られていて、日常生活に支障のないように作られています。

コルセットについては市販のものもありますが、やはり治療効果を上げるには、個人に合ったものをオーダーメイドするのが理想です。

その場合、費用としてはやや高額になってしまいますが、健康保険も適用されますし、分割払いも可能なことが多いので、出来るだけ自分の体にフィットしたものを選ばれるのがお薦めです。

ただし、注意しなければならないことがあります。それは、長期間のコルセット使用はできるだけ控えると言うことです。

すべり症を根本から改善するためには、「腰椎を補助するための筋力をつけること」、「崩れている体のバランスを整えること」、この2つのポイントがとても大事になってきます。

しかし、いつまでもコルセットに頼っていると、背筋や腹筋が使われないため、腰椎を支えるために必要な筋力が落ちてきてしまいます。

そうなると、腰の痛みを抑えるためのコルセットが、今度は逆に症状を悪化させてしまう原因になってしまうのです。ですので、コルセットを使用するのは、痛みが強い急性期だけにすることが重要です。

よく、腰の痛みの恐怖感からか、寝る時以外は常にコルセットをしている患者さんがいます。これでは返って逆効果で、常にコルセットを使用した状態でいると、腰周辺の筋力がどんどん落ちてしまい、病状の回復を遅らせることになってしまいます。

急性期が過ぎたら、今度は逆に体を動かすようにして、腰椎周りの筋力強化をすることが、すべり症を改善するための早道になります。

もしあなたが、腰の痛みの恐怖感からコルセットを手放せないでいるのであれば、今すぐに外す勇気を持って、当サイトでお薦めしている福辻式治療法を実践してください。

福辻式治療法では、すべり症を改善するためのストレッチやトレーニングをすべり症治療の専門家、福辻鋭記先生がこと細かく教えてくれ、短期間で病状を治すことができるようにプログラムが組まれています。

また、この福辻式治療法を実際に実践した多くの方が、数ヶ月という短い期間ですべり症を完治され、元の日常生活に戻ることができています。

ですので、あなたが今悩んでいる腰の痛みや痺れも、この福辻式治療法で改善することができるはずですので、すべり症で長いこと悩んでいる方は、下記より詳細を一度ご覧になることを強くお薦め致します。

→すべり症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 すべり症を治す会 All Rights Reserved.