すべり症の治療のことで悩んでいる方は一度ご相談ください。

正しい治療方法について

すべり症と診断されると、その症状に応じた治療が始まります。例えばスポーツが原因となっているのであれば、まず、そのスポーツ活動は休止することになります。

そうすることでさらなる悪化を防ぎつつ、少しでも早く完治できるようにしていきます。また、スポーツ以外が原因となっていた場合でも、基本的にスポーツ活動は休止することとなります。

これらを含め、専門家の指示に従って治療を進めていくようにします。「自分の体だから、自分が一番良く分かっている」と考えての自己判断は、絶対にやめましょう。返って症状を悪化させる原因になります。

すべり症はある程度痛みが落ち着いたとしても、完治しているとは限らず、下手をすると症状の悪化を招いてしまう可能性があります。

まず、すべり症の治療で行うことは、コルセットを着用しての安静です。患部を安静にして痛みがある程度引くのを待ちます。

そして、腰の痛みが落ち着いてきたら、次の段階に入ります。痛みが落ち着いてきたら、今度は逆に体を動かし、腰椎周りの筋力を鍛えていきます。具体的には大腿四頭筋、腹筋、背筋などが主になります。

通常、すべり症になると整形外科などでは絶対安静を促されます。ですので、何故ここに来て筋トレをするのかと思う方が多いでしょう。

しかし、この筋トレは非常に重要で、すべり症を完治させるには腰椎周りを筋肉で補強する必要があります。

もし、筋トレを行う段階になったら、決して自己流などでは行わず、この時も専門家の意見、指示をしっかりと聞いてから実践するようにします。何度も言いますが、自己判断は症状悪化を招く可能性を高めますので注意してください。

また、すべり症は予防もとても重要です。特に成長期は、腰椎分離症の発症に伴うすべり症発症の可能性が最も高い時期ですので、早期発見が重要になってきます。

小中学生の時期は、症状を我慢してしまい発見が遅れる、というパターンが非常に多く、中には部活引退後腰の痛みが続いたため診察を受け、そこで初めてすべり症だと気づくケースが多くあります。

適切な治療を続けていれば、一定レベルの運動を許可され、症状が落ち着けばスポーツへの復帰も十分に可能です。

もし、すべり症で悩んでいるのであれば、「福辻式治療法」をお薦め致します。こちらの治療法は30年間で延べ50000人以上のすべり症患者さんが症状を完治させている唯一の方法です。

どこに通っても改善されない、症状がどんどん悪化しているという方は、今すぐ福辻先生の公式ホームページをご確認いただき、出来る限り早く実践されることを強くお薦めしたいと思います。

→すべり症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 すべり症を治す会 All Rights Reserved.