すべり症で歩けない方はこちらのページを参考にしてください。

歩けないときの対処法について


すべり症の初期は足の痛みや軽い腰の痛みなどですが、そのまま放っておくと歩けないほどの痛みに襲われることになります。

歩けない場合でもしばらく休めばまた回復しますが、それでもすぐにまた歩けない状態になってしまい、休み休みでないとどこにも行けなくなってしまう状態になることもあります。

すべり症でこのような状態になってしまった場合、手術を検討することもあります。しかし、すべり症の治療で手術というのはできれば避けたいものです。

というのも、神経の圧迫を物理的に取り除くことで症状が改善しても、どうしてそうなってしまったのかという根本的な原因を取り除かないと、また同じ状態になってしまう可能性があるからです。

ですので基本的には、温めたりマッサージをしたり、適度な運動を行うといった保存療法で回復を試みることになります。とはいえ、運動にしろマッサージにしろ、何でも良いというわけではありません。きちんと症状に合った対応をする必要があります。

マッサージの場合には、すべり症を理解している施術者がいるところに行く必要がありますし、また運動も、間違った動作をするとかえって悪化を招く危険があるので、すべり症にしっかりと対応したものを選ばなくてはなりません。

すべり症に対応した運動療法としては、「福辻式ストレッチ」をおすすめします。すべり症のほか、椎間板ヘルニアなどが原因となっている腰痛や足の痺れを改善するのに最適なストレッチです。

実際に、歩けないくらい酷いすべり症だった人が、毎日コツコツと続けることで回復した事例も数多くあります。

ポイントは、少しずつでも毎日続けるという事です。毎日身体を動かすことで少しずつバランスを整えていくという方法なので、サボってしまうと効果が現れません。1日少しの時間で構わないので、必ず毎日続けるようにしてください。

どうしても痛いときは安静が必要と判断して休むことも大事ですが、そういった事情があるのでない限りは、休まず続けていくことが、すべり症を回復させるのに大切なことなのです。

福辻式ストレッチの詳しい内容は下記よりご案内しておりますので、まずは一度内容を確認してみてください。きっと、この福辻式ストレッチがあなたを悩ませているすべり症を改善するきっかけになると思います。

→すべり症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 すべり症を治す会 All Rights Reserved.