すべり症の辛い痛みを緩和したければ福辻式がお薦めです。

痛みについて


すべり症による痛みに悩んでいる方は多いです。すべり症は安静にすることや、温熱療法や運動療法、ブロック注射や投薬、症状が悪化して日常生活に大きな支障が出ている場合には手術など、様々な治療方法を行っていきます。

しかしすべり症は個人差の大きな病であり、画像診断ですべり症があるのに症状はまったく出ないという人もいます。

そのため、ある人が安静と温熱療法で痛みを治せたからといって、他の誰かが同じ方法を取っても必ず治すことができるかというと、そんなことはありません。つまり、自分に合った治療法を探っていくことが、すべり症の改善には必要なのです。

また、ブロック注射を利用する人は多いですが、注意点としてブロック注射は神経のすぐそばに投薬を入れるものなので、副作用の不安があります。

また、薬がなかなか効かない体質の人もいるので、4~5回行っても効果が見られないのであれば、自分には合わなかったと判断する方が賢明です。このように自分には合わないものに時間を割くのは避けたいところですし、症状悪化も避けたいものです。

では、すべり症の痛みを悪化させてしまう例についていくつかご紹介します。まずは安静が挙げられます。整形外科などに行くと必ず安静にするように指示をされます。

もちろん急性期など痛みの激しいときには安静が一番なのですが、いつまでも安静にしていると、腰椎周りの筋力が落ちて、かえって腰の痛みを増すことになってしまいます。

ただしここでは、成人した大人から高齢者の場合であり、まだ成長途中の子供であれば、整形外科できちんと型を取ったコルセットで安静にすることで、骨癒合によるすべり症の完治が期待できます。

成人した大人や高齢者の場合にはこの骨癒合が期待できませんので、腰椎周りの筋力をしっかりと鍛えて、分離して滑ってしまった部分を支えることができるようにすることが必要になります。

すべり症を改善するには、このように腰を支えるための筋力をつけること、そして崩れている身体のバランスを元に戻すこと、日常生活を見直すこと、この3点をしっかりと行っていかなければなかなか改善することはできません。

しかし、当サイトでお薦めしている「福辻式治療法」はこの3つのことを重点において治療を行っていきます。ですので、今までに延べ5万人以上の腰痛患者さんが腰の痛みや痺れを改善し、腰椎分離症で悩んでいた多くの患者さんも症状を完治することが出来ているのです。

もしあなたが、腰椎分離症がなかなか治らないと悩んでいるのであれば、まずは一度この福辻式治療法を実践することをお薦め致します。

詳しい治療法の内容は下記よりご案内しておりますので、腰椎分離症で悩んでいる方は、まずは一度詳細を確かめてみてください。きっと、この福辻式治療法があなたを悩ませている腰椎分離症を改善するきっかけになるはずです。

→すべり症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 すべり症を治す会 All Rights Reserved.