すべり症はリハビリを真剣にできるかどうかにその後がかかっています。

リハビリはとても重要です

すべり症と診断されると、ほとんどの場合、まずは安静を求められます。

そして、体を動かすことが仕事であるスポーツ選手ならそのスポーツを、労働系の仕事を主とする会社勤めならその業務を休止、ないし制限してそれらへの復帰することに向けて治療、リハビリを行なっていくことになります。

しかし、すべり症と診断されてから、すぐにリハビリが始まるということではありません。診断された時点での症状の程度にもよりますが、急性期で痛みが強い場合は、まずは安静にして痛みを落ち着かせることを優先します。

リハビリはそれを待ってから開始されることがほとんどです。すべり症を改善するのに一番有効なリハビリの内容としては、腰椎周りの筋肉を鍛えるための筋力トレーニング、崩れた体のバランスを整えるためにストレッチを行う、低周波治療をするなど、多岐にわたります。

その中でも、特に筋力トレーニングは、腰椎を補助的に支えるための筋肉を作ることになるためとても重要で、すべり症を改善する上で欠かせないリハビリの一つです。今まで腰椎にかかっていた負荷をその周りの筋肉で補助するというわけです。

また、これらのリハビリは継続して行わなければ意味がありません。筋力トレーニングというものは、一朝一夕で効果が得られるというものではないからです。筋肉は負荷を受けて傷つくとより強くなって修復されます、それを繰り返し行うことで、筋肉は強くなります。

ですので、途中で気を抜いてトレーニングを止めてしまうと、筋肉が衰えていき腰椎にまた負担がかかり、腰の痛みやしびれを再発する可能性が高まってきます。ですので、症状が良くなったからといって気を抜くのではなく、継続して行なうことがとても大事になってきます。

また、すべり症のリハビリに限ったことではありませんが、焦りは禁物です。「急がば回れ」ということわざにもある通り、無理はゴールを先延ばしにするだけです。

無意識に腰をかばう形で別の疾患を併発してしまう可能性もありますから、ゆっくりじっくりがすべり症を改善する一番の近道でもあります。

もしあなたが、すべり症のリハビリに取り組んでいるのであれば、福辻式治療法を同時に行うことをお薦め致します。福辻先生の治療法はリハビリに有効なだけでなく、すべり症を完治、予防する唯一の方法でもあります。

福辻式治療法の詳細は下記よりご覧いただくことができます、きっとこの治療法があなたの辛い腰の痛みやしびれを改善するきっかけになると思いますので、一度詳しい内容を確認してみることをお薦め致します。

→すべり症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 すべり症を治す会 All Rights Reserved.