すべり症を悪化させない方法を具体的にお伝えしております。

悪化を防ぐ方法

すべり症は加齢によって発症することもありますが、ほとんどの場合、体が未発達の時期に体に大きな負荷をかけてしまうことで、発症する腰の病気です。

特に中学2年生位の子供に多く発症し、早いと小学校3年生位でも発症する子が多く、小学校の高学年でも発症する子が多い腰の病気です。

すべり症の主な原因は、体がまだ成熟していないとき、つまり筋力や骨格が未発達のときに、激しい運動や無理なスポーツを行うことによって、体がその負荷に耐え切れず起こる腰の病気です。

筋力や骨格が未発達ということは、腰椎に直接負荷がかかってしまい、腰椎が骨折してしまう状態、これを腰椎分離症と言いますが、すべり症はさらに腰椎が前方へとずれてしまう状態を言います。

腰椎分離症でもかなり激しい腰の痛みに襲われることになりますが、すべり症まで発展するとかなりやっかいで、治療にもそれなりの時間がかかってきます。

もし、すべり症になってしまった場合、まずはそれ以上状態を悪化させないことが大切です。特に体を反らすと言った行動は禁忌と言えますので、決して取ってはいけない行動の一つです。

体を反らすと腰の痛やしびれが出てきて、症状を悪化させることになりますので、絶対にそのような体勢は取らないように注意してください。

また、腰の痛みが強い場合はコルセットを着用して、とにかく痛みが抑まるまで安静にすることが大事です。そして、痛みが抑まるまでは運動等も一切中止して、症状が悪化しないように努めます。

よく、整形外科に行くと、コルセットをしてとにかく絶対安静にしていること、と指示を受けると思います。腰の痛みが強い時はそれが確かに正解です。

しかし、いつまでも安静にしていると、すべり症はいつまで経っても治ることはなく、安静にしていればしているほど、腰椎周りの筋力が落ちてしまい、逆に症状が悪化していきます。

すべり症の原因は、筋力や骨格が未発達のときに、激しい運動を行うことで発症するとお伝えしました。つまり、すべり症を治すにはこの反対のことをすればいいのです。

体が激しいスポーツをしても、その負荷に耐えられるように、しっかりとトレーニングをして筋力をつけるようにする。

崩れてしまった体のバランスを整えるために、ストレッチで体のバランスを元に戻す、このような治療をしっかりと行なっていけば、すべり症は改善することができます。

しかし、間違ったやり方をやってしまうと、返って症状を悪化することになります。ですので、筋力をつけるためのトレーニングも、体のバランスを整えるためのストレッチも、その道の専門家にしっかりと教わって行動することがとても大事です。

そこで当サイトでは、すべり症治療の専門家として、福辻鋭記先生をお薦めしております。

福辻鋭記先生は、すべり症を治すためのトレーニングやストレッチ法を独自に考案しており、この方法を用いてすべり症で悩む多くの患者さんが、薬や手術を使わずにすべり症を改善することができます。

その福辻式の詳細を下記よりご案内しておりますので、すべり症がなかなか治らずに悩んでいる方は、一度詳しい内容をご覧になってみてください。きっと、この福辻式治療法があなたのすべり症を治す第一歩になるはずです。

→すべり症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 すべり症を治す会 All Rights Reserved.